慰謝料請求と探偵費用について

配偶者の浮気が原因で、離婚を考え、慰謝料請求も行いたいと考えた場合、重要になってくるのが、浮気の証拠集めです。

夫婦間の話し合いで離婚が成立する状態であれば、確実な証拠はなくても話し合いによって慰謝料請求をしていく事が出来ます。
ただ、配偶者が浮気を認めない状態で、話が進展しない状態になると、離婚調停や離婚裁判へと進んでいく事があります。

話し合いでは、本人が認めればそれで良い状態となりますが、第三者が関わる状態になると、浮気の証拠がなければ、離婚も慰謝料請求も認められない状態になってしまう可能性があります。
ですから、慰謝料まで考えるのであれば、配偶者の浮気の証拠を集めておく事が大切ですが、離婚調停や離婚裁判で証拠として認められるのは、一定期間、継続して不貞行為が続いていた事を証明できる証拠となります。

こうした離婚調停や離婚裁判でも通用する確実な証拠を集めたいと考えた場合、個人で集めようとするのではなく、探偵に浮気調査を依頼する事がお勧めです。
レシートや領収書、クレジットカードの明細書やETCカードの履歴等、収集可能な証拠は多くあります。
ただ、浮気相手とホテルに入っていく証拠写真等は、探偵費用がかかっても、集めておくようにしておいて損はありません。

探偵費用は高い為、探偵費用をかけてしまうと慰謝料を取る事が出来ても、お金は殆ど手元に残らない状態になってしまうのではないかと考える人も多いでしょう。

ですが、探偵費用というのは、調査の日数等によって大きく変わってきます。
調査の期間が長くなると、費用は高額になりますが、調査期間が短ければ、費用はそれ程、高くはなりません。

費用に関する心配や、調査に関する不安があれば、無料相談がある事務所で、一度相談をしてみると良いでしょう。

配偶者が浮気をしている事に気づき、離婚をし、慰謝料請求をするのであれば、探偵に依頼し、しっかりとした証拠を集めておく事がお勧めです。