探偵費用と裁判について

配偶者が浮気をしていた事が原因で離婚を考えた場合、配偶者が浮気を認めない可能性を考えておく事が重要になってきます。

浮気を問い詰めた時に、配偶者がその事実を素直に認めれば、そこから離婚や慰謝料についての話し合いをしていく事が出来ます。
問い詰めた時に、配偶者が浮気を認めなければ、離婚や慰謝料の話に進む事が出来ないだけでなく、その時点から、これ以上、浮気の証拠を掴ませないように、配偶者が警戒をしてしまう可能性が出てきます。

話し合いで離婚が成立しなければ、離婚調停へ進み、最終的には離婚裁判となっていきます。
当人同士の話し合いであれば、確実な証拠がなくても問題ありませんが、調停や裁判では証拠の有無が大きく影響をしてきます。

話し合いで決着がつかない状態から、証拠集めをしても、上手く証拠を集められない状態になる事も少なくありません。
その為、離婚の話し合いをする前に、探偵等、浮気調査のプロに、裁判まで進む事になっても、勝つ事が出来るだけの証拠を集めておいて貰う事がお勧めです。

探偵費用はかかる事になりますが、個人では集めにくい、浮気現場の写真等、確実な証拠を集める事が出来ます。
配偶者の浮気が原因で離婚をする場合、その浮気によってどの程度、苦しめられたかが慰謝料の決め手になってきます。

長い期間、浮気に苦しめられてきたのであれば、請求できる慰謝料の金額も大きくなります。
探偵費用は高いと感じるかもしれませんが、証拠がなければ、長く苦しめられてきたのに、慰謝料を請求出来ない状態になってしまう可能性も出てきます。

ですから、長く苦しめられてきた人程、探偵費用がかかっても、確実な証拠を集めた状態で、離婚の話し合いを切り出していく事がお勧めです。

それにより、常に有利な状態で、離婚に関する話し合いを進めていきやすくなります。
離婚により慰謝料を請求したいと考えたら、離婚裁判まで意識した上での証拠集めが重要になってきます。